忍者ブログ
日記・・・?
[166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どもども。
やっとあったかくなったような気がしたけど
そんなことありませんでした。

今回は、この間、久しぶりに一気に見た
「平成ガメラ」
(『ガメラ~大怪獣空中決戦~』から『ガメラ3~邪神<イリス>覚醒~』まで)
についてお話したいなぁと思います。

おそらく私は怪獣映画の中で一番好きなのがこのシリーズだと思います。

設定がすごく凝っていたり、
明らかに子供向けではない雰囲気だったり。
しかし、それが逆にリアリティを高め、
何度見ても楽しめる、そんな映画になっているんだと思います。

子供のころはなんとなく
「ガメラかっこいいー」とか
「ギャオスこえー」くらいの感じでしか見てなかったと思います。
だって幼稚園か小学生でしたもの。

でも、そんな感じでいいんだと思います。

多少の見苦しいというか、目をそむけたくなるシーンもいまだにあるくらい
結構、生々しい場面も多いです。

でも、そんな感じでいいんだと思います。

別に無理やりえぐいシーンを入れろとは言いませんが
必要なら入れるべきで、そういうシーンが多少あるからって
そういう映画を作るのを避けるとかはすべきではないかと・・・。
愚痴が入ってしまいました。

とにかく作りこみがすごいと思います。

そして、先ほども挙げた「設定」。
これはかなりグッときます。
ガメラ・ギャオスは古代の生物兵器。
レギオンは宇宙から飛来した社会性?を持つ生物。
イリスは封印されていたギャオスの変異体。

もうやばい(((

なぜガメラはいるのか、
なぜギャオスは目覚めたのか、
どうしてレギオンは地球の、それも日本に来たのか、
イリスはどこから、だれが、どうして日本にいたのか。

こういったことを考え、人々が自分たちなりの答えを出していく様子が
これまたぞくぞくします。

また、レギオンの時が顕著でしたが

レギオンの生態がどのようなものか
それを解明し、挑むこの様子もまたワクワクします。

どんな怪獣だって
ただ街を破壊するわけではないのです。
そういった理由付けがまた奥深くていいんです。


久しぶりに見て血が騒いでしまいました・・・。
ということはやることはひとつ。

続きを考える

に限ります。

あの後どうなったのか、人間はどう変わるのか。
ちょっと考えてそのうち
ピクシブの小説あたりにいつの間にかアップします。

誰も興味ないでしょうがね(笑)

といこうとで以上。

いやぁ、ガメラとかの話で飲んでみたいですね誰かと。
飲んでみたい人はいるんですけどね。
時間とかが・・・。

また愚痴ってしまいました。

今回はこの辺で。

それでは、また!

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/16 ゆめおち]
[04/30 NONAME]
[08/14 ttqlilciqn]
[06/22 サクラバ]
[05/24 zhmqcjycmz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
sohit
年齢:
27
HP:
性別:
男性
誕生日:
1990/06/19
職業:
大学生
趣味:
下手だが絵を描くこと
自己紹介:
オリジナルメダロットをつくり、それらを中心とした話なんかを作っています。
バーコード
ブログ内検索
P R